コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池上 イケガミ

大辞林 第三版の解説

ちじょう【池上】

池の上。池の水面。
池のほとり。池のみぎわ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池上
いけがみ

東京都大田区のほぼ中央、山手(やまのて)台地末端にある本門寺を中心とする一地区。旧荏原(えばら)郡池上町。東京急行電鉄池上線が通じ、西側を第二京浜国道(国道1号)が走る。北方にある洗足池(せんぞくいけ)の上(かみ)にあたることが地名の由来という。鎌倉時代、この地の豪族池上宗仲(むねなか)が日蓮(にちれん)を迎えて本門寺を建立してから有名となり、日蓮終焉(しゅうえん)の聖地でもある。寺域は地形の変化に富み、五重塔、多宝塔、松濤園(しょうとうえん)のほか、幸田露伴(ろはん)ら多くの著名人の墓があり、大田区の緑地の一つとなっている。南側に門前町の景観が残る。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

池上の関連情報