コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガロ・ロマンス語 ガロ・ロマンスご Gallo-Romance language

1件 の用語解説(ガロ・ロマンス語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガロ・ロマンス語
ガロ・ロマンスご
Gallo-Romance language

ローマ帝国の領土となったガリアの地,すなわち現在のフランスで使われた俗ラテン語。これが変化をとげて現在のフランス語になった。ローマ人に征服されたガリア人 (ケルト人) の本来の言語である大陸ケルト語は5世紀頃までには消滅してしまったが,基層言語としてラテン語にかなり大きな影響を与えたと考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のガロ・ロマンス語の言及

【ロマンス語】より

…標準語を発達させた言語の場合,例えば単に〈イタリア語〉というときにはその標準語,すなわち〈標準イタリア語〉を指す,というようなことが多い。なお,上記(1)(2)(3)の言語をまとめてイベロ・ロマンス語Ibero‐Romance,(4)(5)(6)をガロ・ロマンス語Gallo‐Romance,(7)(8)(9)の言語をイタロ・ロマンス語Italo‐Romance,(10)(11)をバルカン・ロマンス語Balkan‐Romanceと称することがあるが,(3)や(7)などの位置づけに関しては異論のあるところである。 ラテン語,またその後身であるロマンス語の普及した地域を,ときに〈ロマニアRomania〉と呼ぶが,これはローマ帝国の行政上の版図と完全に一致するものではない。…

※「ガロ・ロマンス語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガロ・ロマンス語の関連キーワードサボア東ローマ帝国ローマ帝国Λάρισα古代ローマ帝国中世ローマ帝国ウクライナとルーマニアの領土問題アウィトゥスポストゥムスローマ・ガラス

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone