コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガントレット恒 ガントレット つね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ガントレット恒 ガントレット-つね

1873-1953 明治-昭和時代の女性運動家。
明治6年10月26日生まれ。山田耕筰(こうさく)の姉。G.E.L.ガントレットと結婚。イギリス国籍となるが,昭和16年(1941)夫とともに日本に帰化し,岸登(がんと)恒と称した。日本基督教婦人矯風会会員として廃娼(はいしょう)運動にとりくみ,21年会頭となる。女性参政権獲得や平和運動などでも活躍した。昭和28年11月29日死去。80歳。愛知県出身。女子学院卒。旧姓は山田。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ガントレットつね【ガントレット恒】

1873~1953) 女性運動家。愛知県生まれ。英国人教師と結婚。日本基督教婦人矯風会会頭として、廃娼・女性参政権運動を推進。山田耕筰は弟。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android