コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田耕筰 やまだこうさく

9件 の用語解説(山田耕筰の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山田耕筰
やまだこうさく

[生]1886.6.9. 東京
[没]1965.12.29. 東京
作曲家,指揮者。 1908年東京音楽学校卒業。 10年ドイツに留学。留学中に歌劇,交響曲などを作曲。 14年帰国し,翌年東京フィルハーモニー管弦楽団を組織,日本に交響楽を定着させるために活動した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やまだ‐こうさく〔‐カウサク〕【山田耕筰】

[1886~1965]作曲家。東京の生まれ。ドイツに留学し、作曲法を学ぶ。日本で初めて交響楽団を組織し、交響楽・オペラの興隆に尽力。また、日本語の特徴を生かした多くの歌曲を作曲した。文化勲章受章。作品に「赤とんぼ」「この道」「からたちの花」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山田耕筰【やまだこうさく】

作曲家,指揮者。東京生れ。東京音楽学校を卒業後,1910年−1913年ベルリン高等音楽学校に留学しブルッフらに作曲を師事。1917年−1919年米国に滞在し,カーネギー・ホールで自作の管弦楽曲による2度の演奏会を開催。
→関連項目石井漠

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田耕筰 やまだ-こうさく

1886-1965 大正-昭和時代の作曲家。
明治19年6月9日生まれ。ガントレット恒子の弟。ベルリンに留学。大正4年日本初の交響楽団を組織。7年カーネギーホールで自作を指揮。9年日本楽劇協会をおこしオペラ運動をひろめる。北原白秋とくみ,「からたちの花」「この道」など多数の歌曲を作曲した。昭和11年レジオン-ドヌール勲章。31年文化勲章。昭和40年12月29日死去。79歳。東京出身。東京音楽学校(現東京芸大)卒。作品に「かちどきと平和」「黒船」など。
【格言など】人間は誕生のウブ湯を使うときは素っ裸だから,死ぬときも,一物もまとわぬ清浄な姿で墓に入れぬか(「墓無用論」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山田耕筰

没年:昭和40.12.29(1965)
生年:明治19.6.9(1886)
大正から昭和にかけて,日本の現代作曲界,演奏界の土台をかたちづくった指導者。東京生まれ。明治37(1904)年東京音楽学校に入学,予科から本科声楽科,研究科へと進む。同校にはまだ作曲科がなかったためドイツへ留学。明治43年から大正2(1913)年までベルリン高等音楽院で作曲を学んだ。大正3年春の帰国後は,日本最初の交響楽団である東京フィルハーモニー管弦楽団を創設して,自作を指揮,発表。同7年にはニューヨークに渡り,カーネギーホールで自作管弦楽作品を演奏して,ニューヨーク近代音楽協会および全米演奏家組合の名誉会員に推挙された。また小山内薫と組んで劇団「土曜劇場」「新劇場」を創立,新劇運動に積極的にかかわった。同9年日本楽劇協会を創立,オペラの上演をこころみる。また同11年には北原白秋と共同編集の月刊『詩と音楽』誌を創刊,連作歌曲を発表。舞踊家石井漠と共に融合芸術,あるいは音楽の総合芸術化への方向を目指して舞踊詩をこころみ,日本のモダン・ダンスを創始したことも注目すべき事実であろう。 山田は交響楽運動や楽劇運動の先駆者,創作歌曲の実践者であっただけではない。さまざまな領域の可能性の場をこころみ,育成し,展開するための創造活動への行動をつづけた日本の近代芸術草創期の実践者だった。オーケストラ曲「曼陀羅の華」,交響詩「明治頌歌」,オペラ「黒船」ほか,数多い歌曲がある。昭和17(1942)年日本芸術院会員,同31年に文化勲章を受章。戦時中の行動をめぐって,戦後,山根銀二とのあいだで,音楽界では唯一の戦争責任論争が行われた。

(秋山邦晴)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典の解説

山田耕筰

1886〜1965(明治19年〜昭和40年)【作曲家・指揮者】日本西洋音楽史上の巨人。 「赤とんぼ」など美しい童謡は、今も愛唱される。大正・昭和期の作曲家・指揮者。東京都出身。1908年(明治41)東京音楽学校卒。1910年ベルリンに留学。1914年(大正3)帰国して、精力的にオペラやオーケストラ作品を創作する一方、東京フィルハーモニー会に管弦楽部を創設、日本楽劇協会・日本交響楽協会を設立。日本の洋楽普及に多大な貢献をした。北原白秋と出会い、今も親しまれる童謡の名作を多く残した。作品は、交響曲「かちどきと平和」、歌劇「夜明け」、歌曲「赤とんぼ」「からたちの花」「この道」など。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やまだこうさく【山田耕筰】

1886‐1965(明治19‐昭和40)
作曲家,指揮者。東京出身。1904年東京音楽学校に入学。岩崎小弥太から奨学金を受け,10年初めから4年間ベルリンの王立高等音楽学校に留学。帰国後まもなく岩崎の主催する東京フィルハーモニー会に管弦楽部が創設され,その指揮をゆだねられたが,6回の定期演奏会を開いただけで解散。次いで小山内薫と〈新劇場〉を結成,他方スクリャービンの影響の濃い一連のピアノ小品〈プチ・ポエム〉を作曲して自ら演奏会を開く。さらに17年12月から1年半アメリカに滞在し,カーネギー・ホールで自作の交響曲《かちどきと平和》(1912),交響詩《暗い扉(と)》《曼陀羅(まだら)の華》(ともに1913)などを取り上げて2回の演奏会を指揮した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やまだこうさく【山田耕筰】

1886~1965) 作曲家。東京生まれ。東京音楽学校卒。ベルリンに留学し作曲を専攻。日本最初の管弦楽団東京フィルハーモニー管弦楽団を組織したのをはじめ、創作と実践の両分野で黎明期の日本の楽壇に貢献した。作品はオペラ「黒船」、歌曲「からたちの花」「野ばら」、器楽曲など数多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山田耕筰
やまだこうさく
(1886―1965)

作曲家。明治19年6月9日、東京に生まれる。関西学院を経て1908年(明治41)東京音楽学校本科声楽科卒業、岩崎小弥太(こやた)の援助を受けて10年から13年ベルリン高等音楽学校に留学し、作曲を学ぶ。帰国後15年(大正4)に岩崎主宰の東京フィルハーモニー会内に管弦楽部を組織・指揮(翌年解散)、20年には日本楽劇協会をおこして、日本における交響楽やオペラの確立を目ざした運動を進める。また22年北原白秋(はくしゅう)と『詩と音楽』を創刊、詩と音楽の融合を図り、日本語の語感を生かした歌曲の普及による国民音楽樹立運動をおこすなど、生涯にわたって日本の音楽界の指導的役割を果たし続けた。36年(昭和11)フランス政府よりレジオン・ドヌール勲章を受け、42年に芸術院会員、56年に文化勲章を受章。昭和40年12月29日没。
 その作風は後期ロマン派の流れをくむもので、作品はオペラ、交響曲、交響詩、歌曲、童謡など多数。代表作に交響曲『かちどきと平和』(1912)、交響詩『曼陀羅(まんだら)の華(はな)』(1913)、オペラ『堕(お)ちたる天女』(1929)、『黒船』(1940)、歌曲『六騎』(1922)、『からたちの花』(1925)、『この道』(1927)、三木露風作詞の『赤とんぼ』(1927)などがある。[船山 隆]
『山田耕筰著『はるかなり青春のしらべ――自伝/若き日の狂詩曲』(1985・かのう書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山田耕筰の言及

【現代音楽】より


【日本】
 日本における20世紀音楽の展開は,欧米とはまったく異なる様相を呈している。日本の〈洋楽〉の最初の本格的な作曲家山田耕筰は,ベルリン留学中の1912年に,日本の最初の交響曲《かちどきと平和》を作曲した。この交響曲で西洋の18,19世紀の作曲技法を身につけた山田は,R.シュトラウス,スクリャービン,ドビュッシーらの作曲技法に興味をもち,西洋の19世紀末から20世紀初頭にかけての様式に影響を受けた作品,音詩《曼陀羅(まだら)の華》(1913),舞踊詩劇《マリア・マグダレーナ》(1916)などを発表した。…

【童謡】より

…鈴木三重吉が〈子供たちの学校の唱歌なぞが,その歌章と附曲と二つながら,いかに低俗な機械的なものであるかといふことは,最早罵倒するにさへ価しない〉と述べているように,徹底した学校の唱歌の批判の上に立っていた。作曲は初め成田為三があたり,次いで山田耕筰が加わり弘田竜太郎,藤井清水(1889‐1944),草川信(1893‐1948),中山晋平ら当時の第一級の音楽家が参加していた。詩がわらべうたなどの日本の伝統の上に立とうとしていたのに対し,曲は西洋音楽を基礎とし伝統とはほど遠いものであった。…

【日本音楽】より

…西洋音楽は学校教育にもとりいれられ,一般の人々の間に急速に普及することになった。 東京音楽学校で学んだ山田耕筰は,1910年から13年までドイツのベルリン王立高等音楽学校に留学し,声楽や作曲を学びながら,オペラやオーケストラなどの公演に接し,帰国後に本格的な音楽活動を開始した。山田は15年に東京フィルハーモニー会に管弦楽部を創設,24年に日本交響楽協会を組織し,26年からは定期演奏会を開始するなど,日本のオーケストラ活動の基礎をつくり上げた。…

※「山田耕筰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山田耕筰の関連キーワード上田耕甫聟島五色の酒文化住宅モダンボーイ仮装人物ガラス乾板奥田敏子式守蝸牛(7代)婦人俱楽部

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山田耕筰の関連情報