コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガンマグロブリン γ-globulin

大辞林 第三版の解説

ガンマグロブリン【γ-globulin】

血清に含まれるグロブリンの一種。伝染性疾患などで増量する。免疫の際に生ずる抗体は大部分この成分中に含まれる。重症感染症の治療に用いられる。 → グロブリン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ガンマグロブリンの関連キーワード子どもの特発性血小板減少性紫斑病原発性免疫不全症の検査と診断サイトメガロウイルス肺炎ガンマグロブリン療法溶血性尿毒症症候群原発性免疫不全症はしか(麻疹)好酸球性筋膜炎ティセリウス遺伝のしくみグロブリン免疫療法日本脳炎川崎病肝硬変胸腺腫胸腺癌麻疹肝炎

ガンマグロブリンの関連情報