コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーベイ ガーベイ Garvey, Marcus

2件 の用語解説(ガーベイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガーベイ
ガーベイ
Garvey, Marcus

[生]1887.8.17. ジャマイカ
[没]1940.6.10. ロンドン
アメリカの黒人運動指導者。ジャマイカで国際黒人向上協会 UNIAを組織し,カリブ地域で活動後,1916年からアメリカ各地に同協会支部を設立して黒人の大衆運動を組織し,黒人の経済力の向上を目指した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガーベイ
がーべい
Marcus Garvey
(1887―1940)

純血アフリカ人系の黒人解放運動家。ジャマイカ生まれ。若いころから向学心が強く、人種差別不条理に目覚め、1914年、アフリカ系黒人を復権のために大同団結させる目的で、ジャマイカに世界黒人地位改善協会(UNIA)を創設した。1916年渡米、1917年には同協会をニューヨークに移転し、1918年には機関誌『ニグロワールド』、1922年には日刊紙『ニグロ・タイムズ』を創刊。一方「アフリカ人のためのアフリカ」をスローガンに、アフリカ人経営の海運会社、製造会社を設立して実業にも乗り出したが、郵便物詐欺事件で告発され、1925年投獄、1927年に国外追放となった。その後ロンドン、パリに世界黒人地位改善協会支部を設け、「アフリカへ帰れ」運動の指導者として、黒人の意識革命に大きく貢献した。[土屋 哲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガーベイの関連キーワードジャマイカジャマイカ労働党ジャマーさらばジャマイカじゃじゃまるジャマイカ・インジャマイカの墓場《ジャマイカからの手紙》ジャマイカ合意ジャマイカコビトドリ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガーベイの関連情報