コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーヤトリー賛歌 ガーヤトリーさんか

1件 の用語解説(ガーヤトリー賛歌の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ガーヤトリーさんか【ガーヤトリー賛歌】

インドの太陽神サビトリに捧げる賛歌で,ヒンドゥー教徒にとり最も重要な賛歌の一つ。サビトリの名にちなんで《サービトリー賛歌》ともいわれる。ガーヤトリーgāyatrīは,ベーダ時代の韻律形式の一種で,8音節×3行,計24音節より成るものをいう。本来はこの形式でつくられた賛歌すべてをガーヤトリーと呼ぶが,中でもサビトリ神をたたえる《リグ・ベーダ》中の一句,第3巻62の10が,《リグ・ベーダ》全賛歌の精髄として尊重される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガーヤトリー賛歌の関連キーワード太陽神太陽神話命を捧げる神さびる身を尽くすリグベーダ神さび神さぶ太陽神話説動物好きに捧げる殺人読本

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone