ガーヤトリー賛歌(読み)ガーヤトリーさんか

世界大百科事典 第2版の解説

ガーヤトリーさんか【ガーヤトリー賛歌】

インドの太陽神サビトリに捧げる賛歌で,ヒンドゥー教徒にとり最も重要な賛歌の一つ。サビトリの名にちなんで《サービトリー賛歌》ともいわれる。ガーヤトリーgāyatrīは,ベーダ時代の韻律形式の一種で,8音節×3行,計24音節より成るものをいう。本来はこの形式でつくられた賛歌すべてをガーヤトリーと呼ぶが,中でもサビトリ神をたたえる《リグ・ベーダ》中の一句,第3巻62の10が,《リグ・ベーダ》全賛歌の精髄として尊重される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android