コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーヤトリー賛歌 ガーヤトリーさんか

世界大百科事典 第2版の解説

ガーヤトリーさんか【ガーヤトリー賛歌】

インドの太陽神サビトリに捧げる賛歌で,ヒンドゥー教徒にとり最も重要な賛歌の一つ。サビトリの名にちなんで《サービトリー賛歌》ともいわれる。ガーヤトリーgāyatrīは,ベーダ時代の韻律形式の一種で,8音節×3行,計24音節より成るものをいう。本来はこの形式でつくられた賛歌すべてをガーヤトリーと呼ぶが,中でもサビトリ神をたたえる《リグ・ベーダ》中の一句,第3巻62の10が,《リグ・ベーダ》全賛歌の精髄として尊重される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガーヤトリー賛歌の関連キーワードリグ・ベーダ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android