精髄(読み)セイズイ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ものの活動力の根源。ものごとの本質。ものごとの最も奥深い大切なところ。神髄。
※全九集(1566頃)一「解索の脉は〈略〉五臓の精髄皆つき死せんとする脉也」
※天地有情(1899)〈土井晩翠〉序「詩は国民の精髄なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

精髄の関連情報