コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精髄 セイズイ

デジタル大辞泉の解説

せい‐ずい【精髄】

物事の本質をなす最も重要な部分。「和歌の精髄を究める」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいずい【精髄】

物事の中で一番優れているところ。最も大切な部分。 「日本詩歌の-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

精髄の関連キーワードハウスホーファー(Albrecht Haushofer)アイヌル・クダートゥル・ハムダーニーハーフィズ・イ・アブルーA. ハウスホーファー神田 松鯉(1代目)ジーン トゥーマー神田 松鯉(初代)ジミー ヤンシーシャトーブリアンガーヤトリー賛歌イブン・クタイバガルシアロルカブーゼンバウムアンブロースジョーシュエッセンスインド医学白鹿洞書院アウフィーはらわた

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

精髄の関連情報