コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キエボ・ペチェルスカヤ修道院 キエボ・ペチェルスカヤしゅうどういんKievo-Pecherska Lavra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キエボ・ペチェルスカヤ修道院
キエボ・ペチェルスカヤしゅうどういん
Kievo-Pecherska Lavra

ウクライナの首都キエフにある修道院。11世紀半ば修道士が修行を始めたドネプル川沿いの高台の洞窟(ペチュエルスカヤ)が名前の由来。洞窟修道院の上に建てられたウスペンスキー聖堂,入口となるトロイツカヤ聖堂,フセフスバーツカヤ聖堂,さらに 18世紀に建てられた大鐘楼や迷路状の地下墓地などからなる。18世紀初頭に大改修が行なわれ,ウクライナ・バロック様式(→バロック建築)に塗り替えられた。中世ロシアの知的中心地となり,1113年頃に修道士ネストルらが編纂した『過ぎにし歳月の物語』Povest' vremennykh letは歴史叙述として貴重な価値をもつ。1990年聖ソフィア大聖堂とともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キエボ・ペチェルスカヤ修道院の関連キーワード聖ソフィア大聖堂[キエフ]

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android