キエボ・ペチェルスカヤ修道院(読み)キエボ・ペチェルスカヤしゅうどういん(英語表記)Kievo-Pecherska Lavra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キエボ・ペチェルスカヤ修道院
キエボ・ペチェルスカヤしゅうどういん
Kievo-Pecherska Lavra

ウクライナの首都キエフにある修道院。11世紀半ば修道士が修行を始めたドネプル川沿いの高台の洞窟(ペチュエルスカヤ)が名前の由来。洞窟修道院の上に建てられたウスペンスキー聖堂,入口となるトロイツカヤ聖堂,フセフスバーツカヤ聖堂,さらに 18世紀に建てられた大鐘楼や迷路状の地下墓地などからなる。18世紀初頭に大改修が行なわれ,ウクライナ・バロック様式(→バロック建築)に塗り替えられた。中世ロシアの知的中心地となり,1113年頃に修道士ネストルらが編纂した『過ぎにし歳月の物語』Povest' vremennykh letは歴史叙述として貴重な価値をもつ。1990年聖ソフィア大聖堂とともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android