コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キクスズメ Sabia conica; hoof shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キクスズメ
Sabia conica; hoof shell

軟体動物門腹足綱スズメガイ科。殻口長 2.5cm,殻口幅 2cm,殻高 1.2cm。殻は厚質堅固で,殻形は付着生活のため一定しないが一般に円錐形で,殻頂は多少後方に寄り曲る。殻表は赤褐色で,太く強い放射肋があり,肋間は狭い。殻口は卵円形で大きい。内面は白色から赤褐色で,筋痕は馬蹄形で前方へ開く。ふたを欠く。サザエやアワビなどの巻貝の殻上殻口付近に付着し,寄主排泄物を摂食すると考えられる。付着場所の殻を浸食し,そこに石灰質を分泌して筋肉で固着する。大型個体は雌,小型個体は雄。雄から雌へ性転換もする。交尾によって受精した卵は殻内で保育され,ベリジャー幼生となって泳ぎだす。北海道南部以南,インド洋,太平洋に広く分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キクスズメの関連キーワードベリジャー幼生キクスズメガイ菊雀貝

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android