コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キクノハナガイ Siphonaria sirius; siphon shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キクノハナガイ
Siphonaria sirius; siphon shell

軟体動物門腹足綱カラマツガイ科。口長 3cm,殻口径 2.5cm,殻高 0.6cm。カラマツガイに似るが,殻は笠形で黒く,殻頂から白色の放射肋が7~10本走り,その先端は縁で突き出る。殻内面ではそれが一層明らかである。房総半島から沖縄,朝鮮半島潮間帯の岩礁にすむ。帰家性があり,平常は一定の場所にすみ,潮が引くとそこからはい出して餌をあさり,また元来た道に沿って帰る。夏季に岩上に指輪状の卵塊を産む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キクノハナガイ
きくのはながい / 菊の花貝
siphon shell
[学]Siphonaria sirius

軟体動物門腹足綱コウダカカラマツガイ科の貝。房総半島から沖縄までの日本各地と朝鮮半島にも分布し、潮間帯の岩礁に付着している。殻高6ミリメートル、殻口長30ミリメートル、殻口径25ミリメートルぐらいの低い笠(かさ)形で、殻表は黒く、殻頂から7~10本の白い放射肋(ろく)があり、内面ではそれが明瞭(めいりょう)である。右前方に出る1本はとくに他のものよりいくらか太い。平常は一定の場所にすみ、潮が引いてくるとそこから数センチメートルないし十数センチメートルの距離に餌(えさ)をあさりに出て、干上がるまでにきた道に沿って元の所に帰る帰家習性がある。夏には岩上に指輪状でゼラチン質の卵塊を産む。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキクノハナガイの言及

【カサガイ(笠貝)】より

…雌雄異体で卵は水中へ産み出される。 カラマツガイ科にはキクノハナガイ,カラマツガイなどが属し,前2科と異なり,殻頂は軟体の頭の方向と異なり後側方を向き,えらを欠く。潮間帯岩礁にすみ,帰家習性がある。…

【カラマツガイ(落葉松貝)】より

…殻は厚く,笠形で円錐形に高い。キクノハナガイAnthosiphonaria siriusは殻は黒く,放射肋は白色。房総半島から沖縄に分布する。…

※「キクノハナガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

キクノハナガイの関連キーワードカサガイ

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キクノハナガイの関連情報