コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キサンチンオキシダーゼ

1件 の用語解説(キサンチンオキシダーゼの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

キサンチンオキシダーゼ

 [EC1.1.3.22].ヒポキサンチンキサンチンへ,そしてキサンチンを尿酸へと代謝する反応を触媒する酵素.肝臓などに多い.肝臓の酵素は食事のタンパク質含量によって活性が大きく変化するので,食事タンパク質に対する応答の例として広く研究された.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キサンチンオキシダーゼの関連キーワードキサンチンヒポキサンチンフコキサンチンプリン塩基ぽきぽきぽきりぽきんアントキサンチンカンタキサンチン網膜症リボヌクレオチド

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キサンチンオキシダーゼの関連情報