コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キザミ(刻) きざみ

世界大百科事典 第2版の解説

きざみ【キザミ(刻)】

(1)能の大鼓打音名。小さく打った,弱いが響く音。流派によっては〈甲(かん)〉と呼ぶ。〈ツ〉と唱えられ,譜面上では〈〉または〈・〉と記される。(2)能や長唄の太鼓の手組名。弱く打った撥(ばち)でそのまま革をおさえる奏法で,1句すべてを打つ。右撥は拍に当たり,左撥は半間に当たるので,打音はすべてで16となる。基本の手組の一つ。(3)歌舞伎の演出用語。1場面の幕開き幕切れの,幕の開閉に打つ拍子木の打ち方。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のキザミ(刻)の言及

【歌舞伎】より

…歌舞伎は,舞楽,能,狂言,人形浄瑠璃などとともに日本の代表的な古典演劇であり,人形浄瑠璃と同じく江戸時代に庶民の芸能として誕生し,育てられて,現代もなお興行素材としての価値を持っている。明治以後,江戸時代に作られた作品は古典となり,演技・演出が〈型(かた)〉として固定したものも多いが,一方に新しい様式を生み出し,その様式にもとづいた作品群を作りつづけてきた。また,古典化した作品の上演にも新演出を試みるなどの方法によって,全体としては流動しながら現代に伝承され,創造がくり返されている。…

※「キザミ(刻)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android