コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キチマダニ きちまだに

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キチマダニ
きちまだに / 黄血真壁蝨・黄血真
[学]Haemaphysalis flava

節足動物門クモ形綱ダニ目マダニ科チマダニ属の吸血性のダニ。背甲板は黄色みを帯び、未吸血雌の体長3ミリメートル弱、満腹すると8ミリメートルにも達する。日本各地でほぼ一年中活動しており、地上のあらゆる野生哺乳(ほにゅう)類や多くの野鳥を吸血する。イヌマダニまたはイヌチマダニとよばれたこともある。ノウサギ(野兎)にもっとも普通にみられ、東北地方のノウサギの間に野兎病を伝播(でんぱ)するが、ヒトが刺されることはきわめてまれである。[山口 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキチマダニの言及

【マダニ】より

…牧野では家畜の被害が多く,刺咬吸血による皮膚炎,貧血が見られるほか,ウシにはフタトゲチマダニHaemaphysalis longicornisによってピロプラズマ病が媒介される。また,ウサギ,イヌおよび人にはキチマダニH.flavaあるいはヤマトマダニIxodes ovatus(イラスト)によって野兎病(やとびよう)が伝播(でんぱ)される。マダニ類は世界に広く分布するが,日本からは40種以上が知られている。…

※「キチマダニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キチマダニの関連キーワードヤマトマダニ日本紅斑熱イヌダニノウサギ山口

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android