コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野兎 ノウサギ

デジタル大辞泉の解説

の‐うさぎ【野×兎】

ウサギ科の哺乳類。体長約50センチで尾は短い。森林や草地にすみ、体は茶色で、耳は長くて先が黒い。子は生まれたときすでに毛が生えそろい、目も開き、すぐ活発に動き回る。夜行性で、きわめて神経質。本州・四国・九州に分布し、北方のものは冬に毛が白く変わる。 冬》
野生のウサギ。カイウサギに対していう。

や‐と【野×兎】

野生のウサギ。のうさぎ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

野兎の関連キーワード「伝染病予防法」から「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」へ日本の医学史(年表)野兎病(大原病)感染症予防医療法トリックスター人獣共通感染症野兎病・野兔病ヤマトマダニアフリカ神話マダニ感染症ツラレミアキチマダニ生物学兵器家兎・家兔マダニ刺症生物化学戦大原 八郎生物テロ大原八郎媒介動物

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野兎の関連情報