コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キツネノロウソク(狐の蝋燭) キツネノロウソク Mutinus caninus

1件 の用語解説(キツネノロウソク(狐の蝋燭)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キツネノロウソク(狐の蝋燭)
キツネノロウソク
Mutinus caninus

担子菌類腹菌目スッポンタケ科のキノコ。菌蕾 (きんらい) は卵形,白色。茎は太い角形,太さ 0.8~1cm,長さ7~9cm。下部は白色ないし淡紅色,頭部は鮮紅色。担子胞子は菌蕾の内部で生じ褐色の粘液でキノコの頭部について現れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キツネノロウソク(狐の蝋燭)の関連キーワードキヌガサタケ(衣笠茸)クチベニタケ(口紅茸)ベニタケ(紅茸)松露鼈茸すっぽんぽんスッポンタケカゴタケ(籠茸)キツネノエフデ(狐絵筆)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone