コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キドロン Kidron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キドロン
Kidron

エルサレムとオリーブ山の間の谷。古代イスラエル王国のダビデ王の都落ち (サムエル記下 15・23) ,ユダ王国の祭祀改革の際の偶像焼却 (列王紀上 15・13) などの場面として聖書に登場。古代には共同墓地として使用され,のちには死者が復活する場所と考えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キドロンの関連キーワードブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月リサ チョロデンコゲツセマネの園ケデロンの谷エルサレムギホンサバ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android