コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キドロン キドロンKidron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キドロン
Kidron

エルサレムとオリーブ山の間の谷。古代イスラエル王国ダビデ王の都落ち (サムエル記下 15・23) ,ユダ王国の祭祀改革の際の偶像焼却 (列王紀上 15・13) などの場面として聖書に登場。古代には共同墓地として使用され,のちには死者が復活する場所と考えられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone