コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キナー県 キナーQinā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キナー〔県〕
キナー
Qinā

エジプト中部,ナイル川の大湾曲部にあり,ナイル川の左岸右岸を3~5kmずつはさんで,細長く広がっている。県都はキナー。南はアスワン県と,北はサウハージュ県と接する。ルクソール付近は古代テーベのカルナック神殿や王家の谷など有名な遺跡がある。土地の大部分はイスナー堰からのケラビーヤ運河とアスフーン運河で灌漑され,人口の約 70%は農業に従事し,主要農産物はサトウキビ,大麦,小麦で,特にサトウキビは国内最大の産地。鉱業は硝酸ナトリウムの採石場がイスナー付近にある。地味は豊かだが,人口稠密のため最も貧しい県の一つで,住民はカイロやアレクサンドリアに出稼ぎする。面積 1851km2。人口 249万 3000 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キナー県の関連キーワードナジュハマーディディシュナダンダラクースキフト

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android