コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キナー県 キナーQinā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キナー〔県〕
キナー
Qinā

エジプト中部,ナイル川の大湾曲部にあり,ナイル川の左岸右岸を3~5kmずつはさんで,細長く広がっている。県都はキナー。南はアスワン県と,北はサウハージュ県と接する。ルクソール付近は古代テーベカルナック神殿王家の谷など有名な遺跡がある。土地の大部分はイスナー堰からのケラビーヤ運河とアスフーン運河で灌漑され,人口の約 70%は農業に従事し,主要農産物サトウキビ,大麦,小麦で,特にサトウキビは国内最大の産地。鉱業は硝酸ナトリウムの採石場がイスナー付近にある。地味は豊かだが,人口稠密のため最も貧しい県の一つで,住民はカイロアレクサンドリア出稼ぎする。面積 1851km2。人口 249万 3000 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone