コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キナー キナーQinā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キナー
Qinā

エジプト中部,カイロ南東約 500km,ナイル川の大湾曲部に位置する町。同名県の県都。ナイル川渓谷と紅海とを結ぶ隊商路の起点にあり,古くからアラビアインドとの交易で栄えた。素焼の水がめの生産地として有名。カイロと鉄道で結ばれている。人口 14万 1700 (1986推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のキナーの言及

【ケナー】より

…エジプトの同名州の州都で人口14万1000(1992)。アラビア語でキナーQinā。上エジプトのナイル右岸にあり,古代にはシャブトShabtとよばれた。…

※「キナー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キナーの関連キーワード台風の勢力フォークランド紛争情報収集衛星ノドンテポドン奥羽山脈外聴域薩南諸島東日本大震災リチウムポリマーバッテリー

キナーの関連情報