素焼(読み)すやき

精選版 日本国語大辞典の解説

す‐やき【素焼】

〘名〙
① 成型した素地(きじ)を十分に乾燥させ、釉(うわぐすり)をかける前に低温で焼いたもの。土器、炻器(せっき)のように焼き締められた完成品と、製作過程の一つとして、本焼する前段階として行なった未完成品とがある。しらやき。
※浄瑠璃・生玉心中(1715か)中「きはは素焼(スヤキ)の明徳利」
② 魚や肉などを何も付けずに焼くこと。白焼(しらやき)
※我羊独語(1929)〈品川義介〉天然林の中で「手抦話に耳を傾けつつ皮を剥ぎ肉は寮に買ひて素焼(スヤ)きとなす」
③ 虚無僧(こむそう)をののしっていうことば。
※歌舞伎・傾城青陽𪆐(1794)三「やい素焼きめ〈略〉その訳聞かう、虚無僧め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

素焼【すやき】

陶磁器焼成の一工程。原土を成形・乾燥してに入れ,600〜800℃で焼成する工程をいう。この後,締焼,本焼などにより完成する。一般に本焼をしていない器物を素焼と称することが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

素焼
すやき
unglazed pottery; biscuit

自然乾燥されたあとの素地に含まれた水分を除去するため,無のまま焼いた陶器磁器。素焼はたいてい陶磁器の製作過程で施釉と描画する本焼の前段階として焼かれるものであるが,素焼のままの状態で終る場合もある。磁器の場合にはそれぞれをビスケットといい,陶製人形などはテラコッタ,陶器の場合は単に素焼という。焼成温度は 600℃ぐらいの低温から 1250℃の高温まで,素材によって異なる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

す‐やき【素焼(き)】

陶磁器釉(うわぐすり)を施して本焼きする前段階として、成形・乾燥を終えた生素地(なまきじ)のものを低温で焼くこと。
釉を施さずに焼いた陶磁器。白焼(しらや)き。「素焼きの祭器」
魚肉などを、何もつけずそのまま焼くこと。白焼き。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android