コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素焼 すやき unglazed pottery; biscuit

3件 の用語解説(素焼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

素焼
すやき
unglazed pottery; biscuit

自然乾燥されたあとの素地に含まれた水分を除去するため,無釉のまま焼いた陶器や磁器。素焼はたいてい陶磁器の製作過程で施釉と描画する本焼の前段階として焼かれるものであるが,素焼のままの状態で終る場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

す‐やき【素焼(き)】

陶磁器釉(うわぐすり)を施して本焼きする前段階として、成形・乾燥を終えた生素地(なまきじ)のものを低温で焼くこと。
釉を施さずに焼いた陶磁器。白焼(しらや)き。「素焼きの祭器」
魚肉などを、何もつけずそのまま焼くこと。白焼き。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

素焼【すやき】

陶磁器焼成の一工程。原土を成形・乾燥して窯に入れ,600〜800℃で焼成する工程をいう。この後,締焼,本焼などにより完成する。一般に本焼をしていない器物を素焼と称することが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

素焼の関連キーワード色釉罅入本窯窯変貫乳薬掛硬磁罅焼焼接ぎ素焼き

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

素焼の関連情報