コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱圏 ねつけんthermosphere

翻訳|thermosphere

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱圏
ねつけん
thermosphere

高層大気温度の鉛直変化によって分類した場合の大気圏の一つ。中間圏上限 80km)の上に広がる層で,その上限は 300~500km。温度圏ともいう。 80kmの温度極小層で約-90℃まで下がった気温は,熱圏の中で高度が上がるとともに上昇し,高度 500kmで約 700℃になる。この高温は,太陽からの紫外線が熱圏にある窒素や酸素に吸収されるためである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

熱圏【ねつけん】

大気圏を温度の高度分布にしたがって区分した場合の領域の一つで,高度約90〜600km程度の高度領域をさす。温度は90km付近で約−80℃から高さとともに上昇し,600km付近での温度は1000〜2000℃にもなっている。
→関連項目超高層大気

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねつけん【熱圏 thermosphere】

上層大気の高度90kmより500kmまでの,気温が高度とともに上昇している部分をいう。高度90kmで気温は氷点下80℃程度で,ここから高度200~250kmにかけて気温は急に上昇し,それより上では気温上昇率は緩やかになり,高度350~500kmの熱圏界面thermopauseで一定値に近づく。熱圏の加熱源は太陽の極紫外放射で,熱圏温度は太陽活動度によって支配され,大きな日変化を示すのが特徴である。熱圏界面温度は300℃から1300℃まで変わるが,熱圏は気圧10-3torr(1torr=133.3Pa)以下という真空に近い状態なので,この温度値はわれわれが日常感じることのできる気温とは別の物理学的な温度の尺度を示すものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ねつけん【熱圏】

大気圏のうち、中間圏の上方に位置する領域。高度約90キロメートルから300~500キロメートルの間。電子密度が極大となる、いくつかの電離層が存在する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱圏
ねつけん
thermosphere

大気上層部分の、高度90キロメートルから約500キロメートルまでの、気温が高度とともに上昇する部分をいう。この気温上昇は太陽極紫外線(太陽極紫外光)による加熱作用の結果である。高度90キロメートルの気温は絶対温度で190K(零下約80℃)ほどで、この高度から気温は高さとともに上昇し、高度350ないし500キロメートルではほぼ一定の値に近づく。熱圏温度は日射の有無により大きな日変化をし、また太陽活動により大きく影響される。高度500キロメートル付近の気温は熱圏界面温度とよばれ、500~2000Kまで変化する。熱圏は最高気圧でも10分の1パスカル以下という真空に近い状態なので、熱圏が高温といっても、日常感じることのできる気温とは別の、物理学的な意味をもった温度の尺度を示している。[小川利紘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の熱圏の言及

【大気】より

…中間圏内では太陽紫外線と酸素や窒素との光化学反応が盛んで,流星や夜光雲が現れる。(4)熱圏thermosphere 中間圏界面を越えて上にゆき,温度が急に上昇する範囲を熱圏という。その上限は高度300~600kmの間にある。…

【大気】より

…木星型惑星の木星土星の大気の主成分は約85%の水素分子と約15%のヘリウムで,他に微量成分としてメタン,アンモニアがある。表面温度は-120℃以上,上空にゆくにつれて気温は下がり,-160℃くらいの極小に達してからその上空では昇温し,熱圏では730℃をこえる。
【地球大気】
 誕生した直後の地球には大気はほとんど存在していなかったとする説と,存在していたとする説がある。…

【大気大循環】より

…成層圏の上約80kmまでは中間圏で,気温がふたたび上層ほど低くなっている。中間圏の上は熱圏といわれ,気温は上層ほど高くなる。近年,観測網の充実により,対流圏から下部成層圏(約10~約30km)までの大規模な大気運動のようすは明らかになってきたが,それより上層の大気運動については,まだ十分に詳細がわかってはいない。…

※「熱圏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熱圏の関連キーワードパウル クルッツェン高高度発光現象サーモスフィアエルブス電子密度電離層

熱圏の関連情報