キネスコープ(英語表記)kinescope

翻訳|kinescope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キネスコープ
kinescope

本来はアメリカ RCA社製作のテレビジョン受像用ブラウン管の商品名であるが,普通,一般の受像管をいう。またテレビジョン受像管の画像を 35ミリまたは 16ミリのフィルムに撮影して,映画フィルムに記録することもキネスコープという。これはフィルム録画,略称キネレコまたはキネコと呼ぶもので,これに使用するブラウン管は特に設計製作され,すぐれた解像力と写真感度のよい発光波長をもつ。しかし諧調,解像度など画像としての品位が十分でないため,放送用には磁気録画 VTRがおもに使われている。安価で手軽にできるという利点があるため,保存用,資料用として利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

キネスコープ【Kinescope】

テレビジョン受像機の映像再現に使う、蛍光面が大きく、映像の明るいブラウン管のこと。商標名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android