コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャパシティ計画 きゃぱしてぃけいかく

1件 の用語解説(キャパシティ計画の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

キャパシティ計画

コンピューターシステム投入時に作成される、組織内で必用とするCPU処理能力、記憶容量などの見積り。処理のピーク時を想定し、必要なコンピューターリソースを算出するために使われる。時分散が可能であれば、実際に導入するシステムは、仮想化により、必要なリソースの総和でなくてもいい。したがって、いかに実際の運用に則したキャパシティ計画を立てられるかが、システム導入のコストパフォーマンスを大きく左右する。半面、近年ではキャパシティ計画に加え、障害や災害に対応できるシステム設計も求められることが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャパシティ計画の関連キーワードトータルシステムリモートコンピューティングシステムシステム・アナリスト

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キャパシティ計画の関連情報