コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャラクタディスプレイ装置 キャラクタディスプレイそうちcharacter display unit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャラクタディスプレイ装置
キャラクタディスプレイそうち
character display unit

文字表示装置。コンピュータの入出力データを視覚的に表示するディスプレイ装置のうち,特に文字のみの表示を行うもの。通常,キーボードを備えてタイプライタと同様に使用できるが,タイプライタと異なる点は,任意の位置に文字の書込み,挿入,削除ができ,編集が容易なことである。ディスプレイには CRT (陰極線管) が最も広く使われており,文字の表示には,縦横の点の集合で文字を表わすドット方式,一筆書きに似たストローク方式,文字型に切抜いた文字板を電子ビームで選択させるキャラクトロンがある。現在では,半導体メモリの低価格化により,グラフィックディスプレイ装置が標準となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android