キャラントゥール山(読み)きゃらんとぅーるさん(英語表記)Carrauntoohil

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイルランドの最高峰。アイルランド共和国南西部、ケリー県にある。標高1041メートル。背斜褶曲(しゅうきょく)構造を示すアルモリカン山系の南西地塊に属し、石炭紀の基盤層にデボン紀の赤色砂岩の古層が押しかぶさり、衝上(しょうじょう)断層地形をなす。典型的な氷河地形を観察できる「博物館」ともいわれる。[米田 巌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android