キャリヤーの注入(読み)キャリヤーノチュウニュウ

化学辞典 第2版「キャリヤーの注入」の解説

キャリヤーの注入
キャリヤーノチュウニュウ
carrier injection

半導体中に少数キャリヤーを熱平衡値より過剰に加えること.p-n接合に順方向に電界をかけて少数キャリヤーを注入させることがもっとも広く用いられるが,ほかに光励起により注入することも行われている.キャリヤーが注入されている間,注入された少数キャリヤーと同数の多数キャリヤーの増加があるため,半導体の電気伝導率は増加する.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android