キャンプデービッド会談(読み)キャンプデービッドかいだん(英語表記)Camp David Conference

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャンプデービッド会談
キャンプデービッドかいだん
Camp David Conference

1959年9月 25~27日アメリカ合衆国メリーランド州のキャンプデービッドで行われたアメリカの D.アイゼンハワー大統領とソ連の N.フルシチョフ首相の会談。同月 15日ソ連首相として初めて訪米したフルシチョフは,国連総会で世界各国の軍備全廃を提案し,この首脳会議に出席した。会議では,軍縮,ベルリン危機,貿易,人物交流などの諸問題について話合いが進められ「すべての重要な国際問題は,武力に訴えることなく,交渉による平和的手段によって解決されるべきである」ことについて意見が一致した。こうして,いわゆる「キャンプデービッド精神」が流布され,それが米ソ協調への一つの兆しとして注目された。しかし,このような米ソ関係の変化に伴って,中ソ関係は悪化した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャンプデービッド会談の関連情報