コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャンプデービッド会談 キャンプデービッドかいだんCamp David Conference

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャンプデービッド会談
キャンプデービッドかいだん
Camp David Conference

1959年9月 25~27日アメリカ合衆国メリーランド州のキャンプデービッドで行われたアメリカの D.アイゼンハワー大統領とソ連の N.フルシチョフ首相の会談。同月 15日ソ連首相として初めて訪米したフルシチョフは,国連総会で世界各国の軍備全廃を提案し,この首脳会議に出席した。会議では,軍縮,ベルリン危機,貿易,人物交流などの諸問題について話合いが進められ「すべての重要な国際問題は,武力に訴えることなく,交渉による平和的手段によって解決されるべきである」ことについて意見が一致した。こうして,いわゆる「キャンプデービッド精神」が流布され,それが米ソ協調への一つの兆しとして注目された。しかし,このような米ソ関係の変化に伴って,中ソ関係は悪化した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キャンプデービッド会談の関連キーワード新藤兼人岡本喜八マキノ雅広森一生チベット問題ルナ市川崑エルスケン川島雄三恐怖映画

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android