コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュプセロス Kypselos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュプセロス
Kypselos

古代ギリシア,コリント (コリンソス ) の僭主 (在位前 657頃~625頃) 。バッキアダイ一族による寡頭政を倒した。治世中,貴族に対してはきびしかったが,民衆の支持を得た。また精巧な陶器が海外に輸出され,レウカス,アンブラキア,アナクトリオンへの植民を推進した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のキュプセロスの言及

【コリントス】より

…この時代にケルキュラ(コルフ),シラクサへの植民がなされ(前734),またギリシア最初の三段櫂船が建造され(前704)て,前664年には娘市ケルキュラとの海戦が行われた。前657年バッキアダイ貴族門閥支配は僭主キュプセロスによって打倒された。僭主政は彼と彼の子ペリアンドロス,その甥プサンメティコスへと受け継がれ,およそ80年続いた(前657‐前580)。…

※「キュプセロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android