コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュプセロス キュプセロス Kypselos

1件 の用語解説(キュプセロスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュプセロス
キュプセロス
Kypselos

古代ギリシアコリント (コリンソス ) の僭主 (在位前 657頃~625頃) 。バッキアダイ一族による寡頭政を倒した。治世中,貴族に対してはきびしかったが,民衆の支持を得た。また精巧な陶器が海外に輸出され,レウカスアンブラキア,アナクトリオンへの植民を推進した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキュプセロスの言及

【コリントス】より

…この時代にケルキュラ(コルフ),シラクサへの植民がなされ(前734),またギリシア最初の三段櫂船が建造され(前704)て,前664年には娘市ケルキュラとの海戦が行われた。前657年バッキアダイ貴族門閥支配は僭主キュプセロスによって打倒された。僭主政は彼と彼の子ペリアンドロス,その甥プサンメティコスへと受け継がれ,およそ80年続いた(前657‐前580)。…

※「キュプセロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キュプセロスの関連キーワードコリンソス地峡ペロポネソス半島コリント式ΑκροκόρινθοςΚόρινθοςコリンソス遺跡コリンソス運河コリント書コリント地峡コリンシャン

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone