コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュヘリベッケル キュヘリベッケルKyukhel'beker, Vil'gel'm Karlovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュヘリベッケル
Kyukhel'beker, Vil'gel'm Karlovich

[生]1797.6.21. ペテルブルグ
[没]1846.8.23. トボリスク
ロシアの詩人。ツァールスコエ・セローの学習院 (リツェイ) に学び,そこで A.プーシキンを知り,生涯の友となった。 1825年デカブリストの蜂起に加わり,逮捕されシベリアに終身流刑。暴政を憎み,自由のために戦った彼の詩は,市民的なパトス,自由愛,愛国心を基調とし,そのスタイルは古典主義とロマン主義が有機的に結合した新古典主義と呼ぶことができる。『ルイレーエフの影』 Ten' Ryleeva (1827) など多数の詩作のほかに,悲劇『アルギビャーネ』 Argivyane (22~25) ,神秘劇『イジョルスキー』 Izhorskii (27~41) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キュヘリベッケルの関連キーワードティーク蔀関月アーガー・ムハンマドウルストンクラフトレオーベンの仮条約ウルストンクラフトケルキラ島ラグランジュピンクリボン運動公営住宅

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android