コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔀関月 しとみ かんげつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蔀関月 しとみ-かんげつ

1747-1797 江戸時代中期-後期の画家。
延享4年生まれ。蔀関牛の父。大坂で版元千種(草)屋をいとなむ。月岡雪鼎(つきおか-せってい)に画をまなび,山水画,人物画にすぐれ,法橋(ほっきょう)となる。「伊勢(いせ)参宮名所図会」「日本山海名産図会」などの挿絵をえがいた。寛政9年10月21日死去。51歳。本姓は柳原。名は徳基。字(あざな)は子温,阮二(げんじ)。通称は源次郎別号に荑楊斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

蔀関月

没年:寛政9.10.21(1797.12.8)
生年:延享4(1747)
江戸中期の画家。本姓柳原氏。大坂で書店千草屋を営むかたわら絵を嗜み,月岡雪鼎に師事。『伊勢参宮名所図会』(1797),『日本山海名産図会』(1799)などの挿絵を描く。弟子に流光斎がある。

(佐藤康宏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の蔀関月の言及

【日本山海名産図会】より

…内題には《山海名産図会》とのみあるが,目録題は《日本山海名産図会》とされている。本文は木村蒹葭堂(けんかどう)の著とされ,画は蔀関月(しとみかんげつ)の筆。編著者蒹葭堂は大坂の人。…

※「蔀関月」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

蔀関月の関連キーワード流光斎如圭中井藍江林文波

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android