コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイレーエフ ルイレーエフRyleev, Kondratii Fëdorovich

3件 の用語解説(ルイレーエフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルイレーエフ
ルイレーエフ
Ryleev, Kondratii Fëdorovich

[生]1795.9.29. バトボ
[没]1826.7.25. ペテルブルグ
ロシアの詩人。 1823年にデカブリスト北方結社に加盟し,革命宣伝活動を展開,その徹底した共和主義によって南方結社の P.ペステリと並んで,デカブリストの最も急進的分子とされる。 25年の蜂起後,死刑の判決を受け,絞首刑になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルイレーエフ【Kondratii Fyodorovich Ryleev】

1795‐1826
ロシアの詩人,デカブリスト。貧しい貴族の家庭に生まれ,ペテルブルグ陸軍幼年学校卒業後,砲兵士官としてフランスに駐在中に自由思想を学び,生涯の信条とする。帰国後まもなく退役し,判事などをつとめた。1823年デカブリストのグループの一つである秘密結社北方結社〉に加入し,やがてその指導者となった。1820年ころから発表されはじめた詩のほとんどは専制政治に対する憎しみと革命思想の賛美を内容としている。代表作は政治的な題材をうたった《ドゥーマ詩集》(1821‐23),歴史に題材をとった長詩《ボイナロフスキー》(1822‐24)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルイレーエフ
るいれーえふ
Кондратий Фёдорович Рылеев Kondratiy Fyodorovich Rleev
(1795―1826)

ロシアの詩人。貴族の家に生まれる。軍務についたのち共和主義的思想にひかれ、1823年デカブリスト(十二月党員)の北部会に加盟、急進的同志とともに革命を標榜(ひょうぼう)した。25年の武装蜂起(ほうき)の指導者の1人に数えられ、翌年絞首刑に処された。デカブリストの、いわゆる革命的ロマンチシズムの代表的詩人で、歴史連作叙事詩『ドゥーム』(1823)、市民的熱意の溢出(いっしゅつ)する詩『寵臣(ちょうしん)へ』(1820)・『市民』(1825)、またウクライナ解放の古代英雄をうたう『ワイナローフスキー』『ナリワイコ』(ともに1825)などで知られる。[草鹿外吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ルイレーエフの関連キーワードエッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府幽霊(亡霊)教養小説みなと銀行東平(とうなる)地区隠岐の古典相撲京都非公開文化財特別公開

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone