コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュルテペ遺跡 キュルテペいせきKültepe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュルテペ遺跡
キュルテペいせき
Kültepe

トルコ中央高原地帯カイセリー (カエサレア) の北東 20kmにある青銅器時代のテル。遺跡は直径約 1.5kmの円形を呈し,前期青銅器時代末 (前 2300頃) から鉄器時代のフリュギア時代 (前9~8世紀) までの居住地跡であることが確認されている。特に先ヒッタイト時代の層位 (前 1750頃) から出土した青銅製の短剣に刻まれた銘文により,ヒッタイト古王国時代の有力都市とされている。またテルの東に接して,アッシリア人の植民市跡が発見され (カネシュ) ,カッパドキア文書として流布していた古アッシリア語で記された楔形文書が大量に出土したことでも有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android