コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キューケンホフ公園 キューケンホフコウエン

世界の観光地名がわかる事典の解説

キューケンホフこうえん【キューケンホフ公園】

オランダの首都アムステルダムの南西25km、リッセ(Lisse)にある、チューリップなどの花々が咲き乱れる広大な公園。15世紀には貴族の領地(狩猟場)だったところで、19世紀に庭園が造成され、1914年に一般に開放された。32haの園内に100種450万株のチューリップをはじめ、ヒヤシンススイセンなど700万株の花々が植えられている。総延長15kmにおよぶ散歩道があり、オランダのアーティストの100以上の彫刻作品が屋外展示された彫刻公園がある。この公園が公開されるのは、チューリップなどの開花期にあたる毎年3月下旬から5月下旬にかけてである。開園期間にはアムステルダム・スキポール空港やライデン市街から直通バスが運行されている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

キューケンホフ公園の関連キーワードキューケンホフ公園開園世界のおもな植物園假屋崎省吾

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キューケンホフ公園の関連情報