コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュービット cubit

翻訳|cubit

百科事典マイペディアの解説

キュービット

古代エジプトやメソポタミア等で用いられた長さの単位。ひじから指先までの長さで,17〜21インチに当たる。この単位はギリシアローマを経て欧州に伝えられ,現在のヤード(2キュービットに当たるという)やフィートのもとになった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

キュービット【cubit】

古代オリエントの長さの基本的単位。肘ひじの長さが起源。地方・年代により差異があるが、概して50センチメートル 前後。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のキュービットの言及

【度量衡】より

…ここに(イ)の考えの代表的な例が見られる。そしてこれがラテン名クビトゥムcubitum(ひじの意)を経て近代ヨーロッパの〈度〉の一系統に引きつがれ(イギリスのキュービットcubit,約46cm),また,その2倍に相当する単位(イギリスのエルell,ドイツのエルレElleなど),そのまた2倍に相当する単位(これは,左右に広げた両手の先の間隔に相当するものとも解され,その例は,中国・日本の尋,イギリスのファゾムfathom,ドイツのクラフテルKlafter,フランスのブラッスbrasseなどに見られる)をもたらした。ただし長年月の間には取違えも生じた模様で,イタリアのブラッチオbraccio,オランダのエルelなどは,本来の腕の長さとも,その2倍または4倍とも解されて,混乱をひきおこした。…

※「キュービット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

キュービットの関連キーワード量子コンピュータチョガ・ザンビルはかる標準化踏車起源年代差異

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android