コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キララタケ(雲母茸) キララタケCoprinus micaceus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キララタケ(雲母茸)
キララタケ
Coprinus micaceus

担子菌類マツタケ目ヒトヨタケ科のキノコ。若いうち雲母のような鱗被におおわれているのでこの名がある。ツブヒトヨタケ (粒一夜茸) の別名もある。春から秋にかけて,各地の広葉樹の古い株やその周囲に固まって生える。傘は深い編笠形または卵形,径1~4cm。表面は淡い黄褐色。茎の長さは3~8cm,太さ約 5mm。ひだは最初は白色であるが,熟すると黒くなり,液化する傾向がある。汎世界的に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android