コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリストに倣いて キリストにならいて

大辞林 第三版の解説

キリストにならいて【キリストに倣いて】

信仰修養書。著者未詳。トマス=ア=ケンピスの著と伝えられ、宗教的生活の勧めとして聖書に次ぎ広く読まれた。キリシタン版「コンテムツス-ムンヂ」以来、「キリストのまねび」「イミタティオ-クリスティ」など多種の訳がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キリストに倣いて
きりすとにならいて
De Imitatione Christi

キリスト教修徳文学でもっともよく知られた古典の一つ。脱世俗的な特徴がきわめて強い。中世後期の信心一般を理解させてくれるばかりでなく、今日までもキリスト教的修業、信心への手引として、とくに修道者などに広く読まれている。非常に多くの版があり、50か国語以上に訳された。邦語訳も数種類ある。著者問題に関し長年論議されたが、現在一般にトマス・ア・ケンピスで疑いはないとされている。
 全体は4巻からなり、第1巻は1410年に始められ、全巻完成までに約30年かかったといわれている。第1巻では霊的生活への勧め、世俗的傾向からの自己解放や神への回心の準備の方法、第2巻では神への回心を促進させる呼びかけと勧め、第3巻では真の内的慰め、第4巻では強い信仰をもった聖体拝領への勧め、などがそれぞれ取り扱われている。[大谷啓治]
『大沢章・呉茂一訳『キリストにならいて』(岩波文庫) ▽由木康訳『キリストに倣いて(イミタチオ・クリスチー)』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キリストに倣いての関連キーワードコルネイユ(Pierre Corneille)イミタチオ・クリスティこんてむつすむん地トマスアケンピスキリスト教文学キリシタン文学クリスティケンピス

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android