コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリストに倣いて キリストにならいて

2件 の用語解説(キリストに倣いての意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

キリストにならいて【キリストに倣いて】

信仰修養書。著者未詳。トマス=ア=ケンピスの著と伝えられ、宗教的生活の勧めとして聖書に次ぎ広く読まれた。キリシタン版「コンテムツス-ムンヂ」以来、「キリストのまねび」「イミタティオ-クリスティ」など多種の訳がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キリストに倣いて
きりすとにならいて
De Imitatione Christi

キリスト教修徳文学でもっともよく知られた古典の一つ。脱世俗的な特徴がきわめて強い。中世後期の信心一般を理解させてくれるばかりでなく、今日までもキリスト教的修業、信心への手引として、とくに修道者などに広く読まれている。非常に多くの版があり、50か国語以上に訳された。邦語訳も数種類ある。著者問題に関し長年論議されたが、現在一般にトマス・ア・ケンピスで疑いはないとされている。
 全体は4巻からなり、第1巻は1410年に始められ、全巻完成までに約30年かかったといわれている。第1巻では霊的生活への勧め、世俗的傾向からの自己解放や神への回心の準備の方法、第2巻では神への回心を促進させる呼びかけと勧め、第3巻では真の内的慰め、第4巻では強い信仰をもった聖体拝領への勧め、などがそれぞれ取り扱われている。[大谷啓治]
『大沢章・呉茂一訳『キリストにならいて』(岩波文庫) ▽由木康訳『キリストに倣いて(イミタチオ・クリスチー)』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone