キルアテ・セペル(英語表記)Kirjath Sepher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キルアテ・セペル
Kirjath Sepher

古代パレスチナの町。イスラエル人のカナン征服に際して,ヨシュアに命じられたカレブが攻撃した町 (ヨシュア記 15・15~16) 。その後デビルと改名された。ヘブロンの西南西 20kmのテルベイトミルシムの遺跡とみなされるが,異説もある。その歴史は前 23世紀に始り,ヒクソス人,イスラエル人などによる破壊と再建を繰返し,前6世紀カルデア人に破壊されてその歴史を閉じた。 1926~32年 W.オルブライトが発掘し,パレスチナ考古学の土器編年において重要な業績を上げた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android