コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キルケネス Kirkenes

デジタル大辞泉の解説

キルケネス(Kirkenes)

ノルウェー北部の港町。バランゲルフィヨルドの支湾、ベクフィヨルドに臨む。近郊のシドバランゲル鉱山より産する鉄鉱石の積出港として発展。ロシア国境に近く、第二次大戦中はドイツ軍の基地が置かれた。当時の防空壕跡(アナースグロッタ)が現在も残る。ヒルケネス

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キルケネス
きるけねす
Kirkenes

ノルウェー北部、バランゲルフィヨルドの支湾ベクフィヨルドの湾頭にある港町。南へ10キロメートルの所にあるシドバランゲル鉱山から産出する鉄鉱石の積出し港である。ロシア連邦国境までわずか8キロメートルの位置にあり、第二次世界大戦中はドイツ軍の基地となった。この町を中心とするセアバランゲル地区の人口は9596(2002)。[竹内清文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キルケネスの関連情報