コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キルヒハイマー キルヒハイマーKirchheimer, Otto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キルヒハイマー
Kirchheimer, Otto

[生]1905. ハイルブロン
[没]1965.11.22. バージニア,アレクサンドリア
ユダヤ系ドイツ人でアメリカの政治学者。 1924~28年ミュンスター,ケルン,ベルリン,ボン各大学で M.シェーラー,R.スメント,H.ヘラー,C.シュミットらから法学,政治学を学ぶ。また社会民主党員として理論活動を展開。 33年フランスに亡命。 34年にフランクフルト社会研究所のパリ支部に参加。 37年にアメリカに亡命。ヒトラーの政権掌握下,ニューヨークに拠点を移していた社会研究所の準研究員となる。その後国務省研究員,新社会研究学院教授,コロンビア大学教授などを歴任。ナチズムについての研究や,政治や社会の現実と法との連関についての研究で知られる。主著『政治的正義』 Political Justice: the use of legal procedure for political ends (1961) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キルヒハイマーの関連キーワード日露戦争史(年表)ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)[各個指定]芸能部門ゴダール(Jean-Luc Godard)森一生宇宙開発史(年表)フランス社会党スペイン映画アニオン電着塗装

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android