ケルン(英語表記)Köln

  • cairn
  • 〈ドイツ〉Kern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

英語,フランス語では Cologne。ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州,ライン川左岸にあるドイツ第4の都市。前 38年ローマの軍営地,50年ローマの植民地 (コロニア) となり,4世紀に司教座がおかれ,8世紀には大司教座がおかれた。以後歴代大司教の政治的才腕が発揮されて,10~15世紀に繁栄をみ,ドイツ最大の都市の一つとなった。ラインの交通要地を占め,ハンザ同盟の一員として活躍したが,16世紀同盟の衰退とともに経済活動も沈滞。 1815年プロシア領となり,19世紀後半の鉄道の発達に支えられ,工業都市として再び繁栄を取戻した。第2次世界大戦で壊滅的打撃を受けたが,復興。交通 (鉄道,道路) の要地で,商工業が盛ん。ケルン大学,ケルン派絵画の収集で知られるワルラフ=リヒアルツ美術館,ローマ・ゲルマン博物館などがあり,ラインラント地方の文化,芸術の中心地である。工業には伝統的なワイン,織物のほか,鉄鋼,造船,車両,化学 (油,薬品,ゴムなど) などがあり,化粧水オーデコロン (ケルン水の意) は世界的に有名。市内のケルン大聖堂はゴシック様式の代表とされており,六百余年の歳月をかけて 1880年に完成したもの。人口 99万8105(2010)。
本来はアイルランド語で石で築いたをいうが,登山用語では登頂記念,あるいは登降路を示すためにつくられる積み石をさす。大きな石を土台に,ピラミッド状に積む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

山頂や登山路に、道標や記念として石を円錐形に積み上げたもの。 夏》
中心の部分。核。中核
ドイツ西部、ライン川に臨む都市。ローマの植民地として建設され、8世紀以降、大司教座の所在地として栄えた。代表的ゴシック建築ケルン大聖堂があり、オーデコロンの生産でも有名。フランス語名、コローニュ。人口、行政区101万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

山岳地方で石を積んで作った塔のこと。ゲーリック語のcarn(堆積)が語源。もともとは,石を積み上げて墓室を覆ったものをいう。近年では,登頂の記念に登降路や尾根・山頂にピラミッド型に積んだ石のことを意味するようになった。迷いやすい尾根などでは,指導標として重要な役割を果たす。→積石塚
ドイツ,ノルトライン・ウェストファーレン州の都市。フランス語ではコローニュCologne。ライン川中流の両岸にまたがる河港都市で,商工業の一大中心。主要鉄道の連絡点で,空港もある。機械,車両,食品加工,化粧品,電気機器などの工業が行われる。古代ローマ時代の創設になり,8世紀に大司教座が置かれた。13世紀末自由市となり,ハンザ同盟の主要メンバーとなった。17世紀までドイツ最大の都市であった。ローマ時代の遺跡ケルン大聖堂のほか多くの文化遺産,ケルン大学(1388年創立)がある。101万7200人(2011)。
→関連項目アウグストゥスブルク宮殿ラインラントレーバークーゼン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドイツ西部,ノルトライン・ウェストファーレン州の都市。フランス語でコローニュCologne。人口96万4000(1995)でドイツ第4位。ライン川下流域の水陸交通の十字路にあたり,EUの心臓部と深く結びついた,商業・工業・文化の中心地。ライン左岸に半円形をなす旧市街は,ローマ時代の遺跡,中央ヨーロッパ最大のゴシック式大聖堂(ケルン大聖堂),数多くの由緒ある教会,市庁舎,市門に過去の面影をとどめ,その郊外右岸に新市街と港を備えた工業地帯が展開している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

山頂や登山路に石を積みあげて、記念や道標とするもの。
ドイツ西部の都市。鉄鋼・機械・化学などの工業が発達。ライン川西岸に位置する河港都市。ローマの植民都市として成立、中世ハンザ同盟の中心として発展。大聖堂とオーコロンの産出で名高い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1833年4月6日
オランダのインド学者,仏教学者
1917年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (cairn) 登山路、山頂などに、道しるべや記念としてピラミッド形に石を積み上げたもの。《季・夏》
※山行(1935)〈石橋辰之助〉「霧深き積石(ケルン)に触るるさびしさよ」
〘名〙 (Kern)
① 穀物、やわらかい果実の種、固い殻の中の実。転じて、核心、本質、真髄をいう。〔モダン辞典(1930)〕
② 組織の中心人物。〔アルス新語辞典(1930)〕
(Köln) (五〇年に古代ローマの植民市(コロニア)として建設され、コロニア‐アグリッピネンシスと命名。そのコロニアが転化したもの) ドイツ西部の商工業都市。ライン川中流に臨み、中世にはハンザ同盟に加盟して一三~一四世紀に最盛期に達した。フランス革命のころフランスに、一八一五年以降プロイセンに支配された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

ドイツ西部,ライン川中流にあるドイツの都市
50年ごろ古代ローマの植民都市(コロニア)として建設。ケルンはコロニアの訛 (なま) ったもの。カール1世のとき(785),大司教都市となる。ケルンの大司教には歴代すぐれた政治力のある人物が出,のちに七選帝侯のひとりとなった。市民は経済的実力の充実とともに自治を要求し,大司教と争って,1288年帝国自由都市となった。ケルンの経済活動は遠隔地貿易が中心で,ハンザ同盟の指導的都市の1つでもあった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケルンの関連情報