ハイルブロン(英語表記)Heilbronn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ハイルブロン」の解説

ハイルブロン
Heilbronn

ドイツ南西部,バーデンウュルテンベルク州都市シュツットガルトの北約 40km,ライン川の支流ネッカー川沿いに位置する。ローマ時代の集落に建設された町で,741年歴史に現れ,カロリング王家の城が建てられた。キリアヌス聖堂 (13世紀,15~16世紀に増築) の祭壇の下からが湧いたことから,「聖泉」を地名とし,1281年に帝国直轄都市となった。古くからネッカー川の荷揚げ場として商業発達し,現在も商業,交通運輸,通信の中心。金属加工,ワイン生産にも特色がある。人口 12万2415(2010)。

ハイルブロン
Heilbron, Sir Ian Morris

[生]1886.11.6. グラスゴー
[没]1959.9.14.
イギリスの有機化学者。グラスゴーの王立理工科大学卒業後,ライプチヒ大学に留学し,学位取得 (1910) ,さらにグラスゴー大学で学んだ。リバプールマンチェスターロンドンの各大学の有機化学教授を歴任し,1949年より,醸造産業研究所の研究主任をつとめた。テルペンステリン,ビタミンA,スクアレンなどの研究で知られる。ロイヤル・ソサエティ会員 (1931) 。 46年ナイトの称号を贈られ,51年ロイヤル・メダルを受ける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典「ハイルブロン」の解説

ハイルブロン

生年月日:1886年11月6日
イギリスの化学者
1959年

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

百科事典マイペディア「ハイルブロン」の解説

ハイルブロン

ドイツ,バーデン・ビュルテンベルク州,ネッカー川沿いの都市。13世紀からシュタウフェン朝家領大空位時代に商業地として発達。1944年に英空軍の空襲によりほぼ完全に破壊されたが,多くの歴史的建造物(キリアン教会等)は戦後に修復された。ぶどう栽培地が多く,機械,自動車,食品,製塩などの工業も盛ん。ネッカー川,ライン川を流れる大型船の荷物積み替え場としての河港も重要。クライスト戯曲《ハイルブロンのケートヘン》はこの町の町長の娘をモデルとしている。12万4300人(2011)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ハイルブロン」の解説

ハイルブロン
はいるぶろん
Heilbronn

ドイツ南西部、バーデン・ウュルテンベルク州の都市。人口11万9300(2000)。ネッカー川右岸に位置する。ネッカー川の水運とワイン取引とで繁栄し、1298年に神聖ローマ帝国の直轄都市になった。現在でも周辺の丘陵地や河谷斜面にブドウ畑が多い。19世紀より近代工業が発達し、ネッカー河港に隣接する工業地域には、製粉、発電、化学、自動車などの工業が立地する。

[朝野洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「ハイルブロン」の解説

ハイルブロン(Heilbronn)

ドイツ南西部、バーデン‐ビュルテンベルク州の都市。ネッカー川沿いにあり、ワイン産地としても知られる。13世紀のキリアン教会や16世紀の天文時計がある市庁舎など、歴史的建造物の多くは第二次大戦時に被災し、戦後に修復された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「ハイルブロン」の解説

ハイルブロン【Heilbronn】

ドイツ南西部,ネッカー川中流にあるバーデン・ビュルテンブルク州の小都市。人口12万2000(1995)。フランク時代に王領地として記録に現れ,13世紀シュタウフェン朝の家領となる。大空位時代に自由帝国都市となり,商業地として栄えた。1525年ドイツ農民戦争が勃発したとき,ネカータール・オーデンワルト農民団の指導者ヒプラーWendel Hipler(1465ころ‐1526)は,5月中旬,ここに農民議会を招集しようとした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android