キンウン・ミンジー(英語表記)Kinwun Mingyi

世界大百科事典 第2版の解説

キンウン・ミンジー【Kinwun Mingyi】

1821‐1908
コンバウン朝ビルマの宰相で,ミンドン,ティーボー両王に仕えた。サリンジー郡ミンタインビン村の出身。本名マウン・カウン。1849年王子ミンドンのに初めて出仕,ミンドンの国王就位後は,元老院の勅命係書記,アロン地方太守,副元老などを歴任,67年税関・国境警備担当長官に登用された。71年元老に抜擢され,同時にビルマ最初の訪欧使節団の団長に任命されて,イギリス,フランス,イタリア諸国を歴訪,ビルマ・フランス友好条約の締結に成功したが,イギリス政府との外交関係樹立には失敗した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android