コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キングストン弁 キングストンべんkingston valve

世界大百科事典 第2版の解説

キングストンべん【キングストン弁 kingston valve】

船の主海水取入口に設けられる弁。ディーゼル船ではディーゼルエンジンの冷却水を冷却するための海水を,またタービン船ではボイラーの復水器を冷却するための海水を取り入れる。蒸気船が発明されたとき,船底から海水をポンプで吸い上げて復水器の冷却用とし,さらに万一浸水したときにこのポンプを排水用に利用するために弁を設けたのが始まりであるが,名称の由来については不詳。【翁長 一彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報