キンバンギズム

百科事典マイペディア「キンバンギズム」の解説

キンバンギズム

1920年代初期のベルギー領コンゴ(現コンゴ民主共和国)で起こったメシア的宗教運動。創始者キンバングPierre Simon Kimbangu〔1889-1951〕はコンゴ族の土着宗教とキリスト教を融合させた独自のメシアニズム信仰を生み出し,予言者および〈黒人の救世主〉として多数の信者を集めた。しかしキンバンギズムが反白人的傾向を強めたため,ベルギー政府の弾圧を受け,1921年にはキンバングが逮捕された。運動そのものは続き,その後ムパディのネオ・キンバンギズムに引き継がれた。→アフリカ独立教会

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android