キーンタール会議(読み)キーンタールかいぎ(英語表記)Kienthal Conference

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キーンタール会議
キーンタールかいぎ
Kienthal Conference

1916年スイスのキーンタールで開かれた国際社会主義者会議。第1次世界大戦に反対した社会主義者の第1回国際会議は,15年スイスのツィンマーワルトで開かれたが,ここでは第2インターナショナルの左派と中央派の意見が対立した。そこで左派の V.I.レーニンが中心となり,第1次世界大戦中の 16年4月 24~30日にキーンタールで第2回国際会議を開き,平和達成のための社会主義実現闘争を決議し,第3インターナショナルの基礎を築いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android