ギデンス

百科事典マイペディアの解説

ギデンス

英国の社会学者。ケンブリッジ大学教授。社会学の一般理論の確立を目指し,多角的な理論研究を発表している。特にマルクスデュルケームウェーバーの各理論を比較研究し,その総合化を目指した《資本主義と近代社会理論》は高く評価された。階級論や国家論などにも関心を抱き,古典的な唯物史観の批判と構造機能主義の乗り越えに向け,〈構造化〉の理論を追究している。現代の英国社会学の中心人物の一人。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android