ギャラティン(英語表記)Abraham Alfonse Albert Gallatin

世界大百科事典 第2版の解説

ギャラティン【Abraham Alfonse Albert Gallatin】

1761‐1849
アメリカの政治家,財政家,外交官,インディアン研究家。スイスジュネーブに生まれたが,19歳のときアメリカに渡来,ペンシルベニア西部に定住した。1790‐92年州議会下院議員に選出され,とくに財政通として知られ,また,ウィスキー一揆(1794)の際にはその平穏な終息に尽力した。1795‐1801年連邦議会下院議員となり,リパブリカンの指導者として活躍し,ついで,01年ジェファソン大統領により財務長官に任命され,財政改革ならびに国際関係悪化の時期の財政運営に大いに貢献した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android