コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田島 たじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田島
たじま

福島県南西部,南会津町東部の旧町域。大川上流部に位置する。 1896年町制。 1955年檜沢村,荒海村と合体。 2006年舘岩村,伊南村,南郷村と合体して南会津町となった。会津西街道の宿場町,中世末には鴫山城 (しぎやまじょう) の城下町として発展。寛永年間 (1624~44) に幕府直轄地となり,代官陣屋が置かれた。南会津地方の行政・商業の中心地。大部分が山地で,かつては用材の集散地であった。おもに花卉やアスパラガスなどの野菜の栽培が行なわれる。国の天然記念物の駒止湿原 (こまどしつげん) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

たじま【田島】

福島の日本酒。酒名は、創業地の旧称「田島」に由来。精米歩合35%で仕込み、低温発酵させた大吟醸酒。平成22、23年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦。仕込み水は蔵内の自家井戸水。蔵元の「会津酒造」は元禄年間(1688~1704)創業。所在地は南会津郡南会津町永田字穴沢。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

田島

長崎県西海市西彼町、亀浦郷の恵比須鼻北東に位置する無人島。1970年竣工の田島灯台がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田島
たじま

福島県南西部、南会津郡にあった旧町名(田島町(まち))。現在は南会津町の東部を占める地域。阿賀(あが)川(大川)の上流域を占める。旧田島町は、1896年(明治29)町制施行。1955年(昭和30)檜沢(ひざわ)、荒海(あらかい)の2村と合併。2006年(平成18)舘岩(たていわ)、伊南(いな)、南郷の3村と合併して南会津町となった。会津鉄道、野岩(やがん)鉄道、国道121号、289号、352号、400号などが通じる。古代長江郷(ごう)、中世長江荘(しょう)の地。江戸時代は南山御蔵(みなみやまおくら)入りと称する幕府領の一部であった。中心の田島は、阿賀川上流の檜沢川と荒海川が会合する地にあり、下野(しもつけ)街道(南山通り、現、国道121号)の宿駅で、駒止(こまど)峠を越えて南山の西部ともつながった。また幕府の田島代官所が置かれた。付近には、中世の鴫山(しぎやま)城跡があり、現在も県の合同庁舎が置かれている。地域の大部分は山地で、特別豪雪地帯に指定されている。葉タバコ、トマト、キノコ、ブドウ栽培が行われる。また、自動車部品、機械、光学器械などの工場がある。昭和村にまたがる駒止湿原は国の天然記念物。旧南会津郡役所は県の重要文化財。田出宇賀(たでうが)、熊野両神社の祇園(ぎおん)祭のおとうや行事は国の重要無形民俗文化財に指定されている。[安田初雄]
『室井康弘編『田島の歴史』(1961・田島町) ▽『田島町史』全11冊(1977~1992・田島町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の田島の言及

【玄海[町]】より

…南西部は釣川が北流して玄界灘に注ぎ,これに沿って耕地が開けている。田島には海上守護の神として知られる宗像大社の辺津(へつ)宮,同社の神宮寺であった鎮国寺などがある。農漁業を主体とし,農業では,米のほか果樹,野菜,花卉栽培が盛んで,イチゴが特産である。…

※「田島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

田島の関連キーワード佐賀県唐津市呼子町加部島田島祇園祭のおとうや行事会津高原だいくらスキー場子供はわかってあげないさばくのきょうりゅう火の笛 祇園祭絵巻オオカミのおうさまふしぎなともだちはたけのともだちアイデンティティお座トロ展望列車じごくのそうべえ田島ルーフィング生野(大阪市)内海(広島県)中浦瀬の上古墳明治の森・黒磯小栗山喜四郎やぎのしずかちからたろう

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田島の関連情報