コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギュスターヴクライ ぎゅすたーぶくらい Gustave Cry

1件 の用語解説(ギュスターヴクライの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ギュスターヴクライ

日本の競走馬。2008年3月21日生まれの牡馬で、父は05年JRA賞最優秀4歳以上牡馬のハーツクライ、母は1996年秋華賞馬のファビラスラフインオーナー北海道の社台サラブレッドクラブ。2010年11月、京都の芝2000メートルの新馬戦でデビュー。12年3月の阪神大賞典ではコースから逸走しかけた1番人気のオルフェーヴル抑えて重賞初制覇を遂げた。今後の活躍が期待されていたが、同年11月に出場したアルゼンチン共和国杯のレース中に右前脚の浅屈腱不全断裂を発症して競走能力を喪失し、オーナーより引退が発表された。今後については未定(12年11月現在)。通算19戦5勝、重賞1勝。獲得賞金1億7527万円。

(2012-11-6)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギュスターヴクライの関連キーワード競走馬競走馬保険ハードル競走オルフェーブル馬齢セレクトセール立石芳枝競走馬 (racehorse)競走馬理化学研究所 (Laboratory of Racing Chemistry)輓曵競走 (draught race)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone