ギリシアの復活祭(読み)ギリシアのふっかつさい

世界の祭り・イベントガイドの解説

ギリシアのふっかつさい【ギリシアの復活祭】

バルカン半島の最南端に位置するギリシアで開催される、復活祭の行事。深夜0時から始まるミサのために、前日の夜は人々が美しいろうそくを持って家を出る。そして、聖地エルサレムから運ばれた教会の聖火を、そのろうそくに点火して、自宅まで持ち帰る習わしがある。復活祭の祝日は家族や親戚が一堂に会し、羊の丸焼きを食べる。◇復活祭はキリスト教の最も重要な祭典で、最後の晩餐の後、ゴルゴタの丘で十字架にかけられて亡くなったキリストが3日目によみがえったことを祝う日である。世界中で記念行事が開催される。復活祭は「春分の日の後の満月の次の日曜日」と定められているため、祝日はいつとは決まっていないが、3~4月に開催される。復活祭は英語では「イースター」(Easter)と呼ばれる。

出典 講談社世界の祭り・イベントガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android