コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギリシアの復活祭 ギリシアのふっかつさい

1件 の用語解説(ギリシアの復活祭の意味・用語解説を検索)

世界の祭り・イベントガイドの解説

ギリシアのふっかつさい【ギリシアの復活祭】

バルカン半島の最南端に位置するギリシアで開催される、復活祭の行事。深夜0時から始まるミサのために、前日の夜は人々が美しいろうそくを持って家を出る。そして、聖地エルサレムから運ばれた教会の聖火を、そのろうそくに点火して、自宅まで持ち帰る習わしがある。復活祭の祝日は家族や親戚が一堂に会し、羊の丸焼きを食べる。◇復活祭はキリスト教の最も重要な祭典で、最後の晩餐の後、ゴルゴタの丘で十字架にかけられて亡くなったキリストが3日目によみがえったことを祝う日である。世界中で記念行事が開催される。復活祭は「春分の日の後の満月の次の日曜日」と定められているため、祝日はいつとは決まっていないが、3~4月に開催される。復活祭は英語では「イースター」(Easter)と呼ばれる

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギリシアの復活祭の関連キーワードバルカン戦争バルカン半島マラウイ湖ミロス島カンクン希臘巴爾幹ペラマ洞窟カバルダバルカルバルカン・ハウンド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone